The META of Video Gaming.

ビデオゲームのいわゆる「メタ」とは何か、なぜそれが文化と脳の運動としてビデオゲームに重要なのか?ここで言う「脳の運動」とは、日常生活をうまくこなすために、人の認知機能を必要とする、ルールと報酬ベースの出来事としてのゲーム体験を意味する。この意味では、行動する上で認知機能を必要とするすべてのゲームの種類とジャンルに当てはまるメタの概念を広げることが可能だ。同様に、ビデオゲームのメタは、すべてのゲームのメタの派生物であるとある程度自信を持って言うことができる。

しかし、我々の言うメタとはどういう意味なのか?そして、それが「競争力の高い」脳の運動としてどのようにゲームに関係しているのか?

ビデオゲームの「メタ」の理論は新しいものではないが、脳の知識構造としてその始まりと維持に新たに多くの注目が置かれたと思われる。これらのメタは行動スクリプト(特定の与えられた環境に対しての行動パターン)形成へのインプットとして働く[1]。

「チェス」またはバレーボールのような競技に参加する人のように、彼らはゲームの主目的を達成するために、変化し続ける戦略を反映する知識構造を成長させる[2]。ここで言う「戦略」とは、ゲーム環境でのプレイヤーのさまざまな機能と同様に、ゲーム構造の適応学習も含まれる。そして絶えず変化する戦術的要素によって影響、認識される。

この定義のもとでは、「フラワー(Flower)」などのビデオゲームのメタは、各マップを完成させるのに必要な変化する戦略や作戦と同様のものと考えることができる(下のビデオを参照)。

繰り返しプレイすることにより、ゲームのメタへの情報提供と書換の末、プレイヤーは試行錯誤を経てより上達する。 したがって、メタ効率は、パフォーマンス能力に類似している。言い換えれば、プレイヤーがより上手にゲームの主目的を達成すればするほど、そのパフォーマンスに基づいたメタが効率的になる。このように、パフォーマンス能力とメタ効率は、繰り返しプレイすることやそのゲームの経験に直接関連している。

Figure 1: META of "Flower."

図1:「フラワー(Flower)」のメタ

 

Pages: 1 2